HOME / WORKS / EXHIBITION / BLOG / PROFILE / 東風杏 TONPU-AN
展覧会情報
 
  三品雅子個展 -1  (1999-2000)
  曖昧で確かな証
10
 

1998年2月10日~2月22日
楓ギャラリー

******************

「魔法の種」を蒔こうと魂の友たちは言った。
人種・性別・宗教・国境・時空を超えた種は育ち
心の中に花をさかせた。
次は、君たちの所へ・・・届けよう。


 

 

  静穏なる情熱
9
 

1994年10月18日~23日
ギャラリー マロニエ

******************

四方の魔法は東の空からやってきた。
入り口へと導かれた時の、あまりにも魅惑的で
やさしく深いケハイに私は
いとも簡単に吸い込まれていった。
出口の見えない流れに身をゆだね
出口があることも忘れてしまった頃
遠くでまたあのケハイが私を誘うのであった。
穏やかに流れは変化していき
ある日、一気に出口間近へと導いた。
そのケハイはこの峠からのものだった。
この峠への道は静穏なる情熱の連続でもあった。
惑わされることを知っていながら身をとかし
戯れ小さな点であることを確認し
やすらかに進化していった。
魔法がとけていくことに少し心を残しながら
流れは新たな脈となり次なる扉を開く準備を完了した。
二年の想いが幾千年もの時を結ぶように
今、ここで記憶の雫となった。

     
  ことほぎの調べ
8
 

1994年1月6日~21日
THE 14th MOON

******************

一つの物語は終り、
また新たな息吹を感じる萌芽期が訪れた。
太陽と月・天と地・光と影
男と女・陰と陽の狭間に身をゆだね、
あるがままの自分に出会う。
ことほぎの調べに導かれながら
遥かなる指標へと結ばれる。

     
  東洋弦脈へのいざない
7
 

1993年9月20日~25日
メッセージギャラリー

******************

ゆらりゆられて月の舟
風をわたり 波にとけて
時の河を超えてゆく
時空の螺旋は旋律を奏で
約束の地へといざないながら
とこしえの魔法の脈となる

     
  ネオ・ジパングの迎春展
6
 

1992年12月26日~1月5日
梅田ロフトスタイリングギャラリー

******************

「移り行く今、
遠くなっていく日本を探しながら問いかける。
そこには確かに鼓動を打ち新しい時を伝えようとする
日出る国ジパングが息づいていた・・・。」
’93年は、コンテンポラリーでありながら
日本人の感覚をより強く押し出し、
凧、日輪、扇などのシンボリックなフォルムで
ギャラリーを「めでたき空間」として演出いたします。

     
  想世記
5
 

1991年6月3日~8日
メッセージギャラリー

******************

何かに導かれて、たどり着いた世界。
いつのまにか、それは胎児であった頃や
古代人でいた頃の記憶を呼び起こす原点へと帰る
心の旅となった。
曖昧だが確かなぬくもりを感じ、愛しい想いを万物へと伝える。
繰り返し続く旅は永遠の時を重ねながら進化していく。

     
  MY FAVORITE SCENE
4
 

1990年3月5日~10日
メッセージギャラリー

******************

人間(私自身)の精神的な部分、
本能的な部分を見つめると
自然との交わり、
宇宙との関りに視野は広がっていきます。
そして、神を意識し始めていくのです。
そのつかみ所のない世界は、
ソーダ水の中を泳ぐような刺激的で
どこか懐かしいシーンにいざなってくれるのです。
傘を打つ雨の音、魚のはねる音、櫓を漕ぐ音、
風にそよぐ木々の囁き、
それらの心地好い音たちが私の触覚に語りかけ
心の奥にしみ渡っていきます。

  どうして人なのか?
人って何なのか?
そして、地球のことを私達は見つめていかなければいけないのです。
本当のこと、本物のことを知って
大切にしていかなければいけないことに
気づいた日から、この作品たちは生まれました。
     
  MY DIMENSION
3
 

1988年6月28日~7月3日
ギャラリーVIEW

******************

水の中のケハイ

遠くて近く 近くて遠い世界

     
  HEAT WAVE
2
 

1987年6月9日~14日
ギャラリーVIEW

******************

亜熱帯の植物

パッション

波動

     
  月光館第四室にて
1
 

1986年4月15日~20日
RⅡ

******************

心の中の部屋

見えざる奥深くの部屋に

ご案内いたします。

   
     
Copyright © 2012 MASAKO MISHINA. All Rights Reserved.